0800-080-1141

↑お客様専用電話になります。

業者様・営業等の電話はコチラ

営業時間8:00~17:00(毎週日曜、第2第4土曜定休‹GW・お盆・年末年始除く›)
小さなことから大きなことまで、まずはお問い合わせください。

※当ホームページではプロモーションが含まれています。 不用品回収 処分・お片づけ

終活 ~人生のエンディングを華やかにカスタマイズ~

2022年1月21日

【終活(しゅうかつ)】ってご存じですか?

近年、終活という言葉をよく耳にするようになり、ご存じの方も多いと思います。

今回は終活について、始める時期やメリット、デメリットなどをご紹介したいと思います。

 

自分と家族の為だけど…無理してすることではない終活。

終活とは?

終活とは、人生の終わりの為の活動全般の事を言います。
この言葉は2009年頃から注目され始め、この言葉が世に出るまでは生きてるうちから死後について準備をするのは縁起が悪いという風潮が強くネガティブなイメージがありました。
しかし、時代が変わり少子高齢化の現代では前向きに捉えつつあります。

始めるなら元気なうちから

人によって様々ですが、一般的には60代~70代という人が多いようで基本的には健康なうちから始めるのがベストです。

やることリスト

  • 身辺整理(不用品の整理)
  • 資産・財産分与
  • エンディングノートの記入
  • 個人情報などのデジタルデータの仕分け
  • サービスの解約や見直し
  • 入所施設の下調べ
  • 葬儀屋の準備
  • お墓の準備

これ程やる事が多いので体が不自由になったり、認知症になってからではとても大変です。体力・気力ともに充分な年齢のうちから始めると、精神的肉体的負担も少なくじっくりと取り組むことができます。また、一度終活を始めると、あれこれやらなければならないことがでてきます。役所関係の必要な書類を集める場合などは日数が必要になりますので早めに行動しスムースに進めていきましょう。

メリット

断捨離ができる

不用品を処分しないと一向に前に進むことができません。要不要を区別、処分し身辺整理をすることで気持ちがスッキリし今の暮らしの快適度がUPします。断捨離はストレス緩和などメンタル面でも良い影響が期待できます。

●断 = 不要な物を断つ

●捨 = 不要な物を捨てる

●離 = 物への執着から離れる

 

安心・不安軽減にもなる

●残された家族が遺産相続などでトラブルにならない

●エンディングノートを元に葬儀やお墓などの段取りがスムースにいく

●人生を振り返り、残りの人生を前向きに大切に捉えられる

●「死」に対しての不安や恐怖を緩和できる

デメリット

人によっては気持ちが暗くなってしまう詐欺に遭ってしまった相続等の話し合いで家族とすれ違い気まずくなってしまったなどあるようですが、一番多いのは圧倒的に終活そのもの自体が不安に感じてしまうことです。

 

【最期】というのは、誰しも平等に訪れるもので受け入れがたいものです。

終活は、ポジティブな活動で家族や仲の良い人と気持ちよくするものです。

やったほうがいい風潮です強制ではないので、ネガティブな気持ちになってしまうようならやらない方がいいですね。

 

まいちゃん
無理せず”気が向いたら”と前向きに♪

 

不用品回収や遺品整理もできます。

先日、伊勢崎市の方から遺品整理のご依頼を頂きました。

一人暮らしお片付け

身近の方の突然の訃報だそうです。

急だった為、終活はされておらず残された家族はやる事が山積みで何からすれば良いのか…、ご本人に希望も聞くことも出来ず大変困っているご様子でした。

ご家族のご要望で49日後からスタートさせて頂きました。

 

吉ねこ佑友では、遺品整理と同時空き家の片付けや不用品回収もできます。

合わせて読みたいごみ屋敷になってしまっても独りで悩まないで。

人生がどうしようもなく辛いとき…誰しも一度や二度は経験ありますよね。 悩みは人それぞれ、人間関係やお金、仕事や病気…辛い気持ちでいっぱいになる時ってありますよね。 今回は、何もやる気が出ない時期に周囲 ...

続きを見る

要不要等、ご要望をお伺いしながら丁寧に作業させて頂きますのでご安心ください。

 

御見積をお安くするコツ

  • 冷蔵庫や缶詰の中身を腐敗する前に処分してください。
  • タンスの中にある衣類は通常のごみで出せますので空にしておいて頂ければお安くできます。
  • ご自身の基準でごみや不用品をまとめてしまうと再度、開封する手間がかかりますのでそのままで結構です。(お心遣いありがとうございます。)

ごみ屋敷

※この黄色い袋のようにまとめてしまうと再度、開封が大変です。

 

最後に

こんなご時世ですから、もし新型コロナウイルスに感染した場合、家族でも看取れない可能性がありますので終活をしたいという人は増えてきているようです。

普段、かけがえのない家族に「ありがとう」「ごめんなさい」など本当の想いを伝えたいのに、照れくさくてなかなか伝えられていないままの方は多いのではないでしょうか。

そのような想いをエンディングノートに綴るのも素敵なことかと思います。

人生の最期を穏やかに迎えるために是非、ポジティブに終活されてみてください。

まいちゃん
終わり良ければすべて良し!

とにかく安く早く正確に!

この記事はどうでしたか?

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター画像

うっちー

冬山は滑り、夏山は走る、お山大好きアクティビティなアラフォー主婦。趣味の限度を超え極めたいタイプ。80になっても滑る、走るが維持できるようやってます。 便利屋として、施工事例や生活のお悩み解決法、豆知識などの情報を書いています。私自身、建築には疎いですが、勉強しながら楽しく更新していきます。

-不用品回収 処分・お片づけ